転職では、自分が何を優先させて、企業は何を求めているのかをよく把握しましょう

転職では、目的と優先度を明確にしましょう。

 現職や前職になんらかの不満や問題があり、転職を希望する場合でも、何もかもすべてが希望通りである企業がはたして存在するでしょうか。その企業が創業間もない時期にあたるのか、成熟期に入っているのかによっても得られるものは違いますし、社風や賃金水準、福利厚生など、各社様々です。

 こうした現状の中、職種を優先するのか、賃金を優先するのか、社風を優先するのかによって、選ぶ企業も異なっています。転職活動を本格的に行なう前に、ぜひ、目的と優先度をはっきさせるようにしましょう。

応募を希望する企業は何を求めているのかも明確にしましょう。

 たとえば、転職の目的を職種優先で決めたとします。そして、その職種は未経験ですが、やりたいと明確に決まっていたとします。しかし、応募を希望する企業はキャリア採用しか行なっていなかった場合はどうでしょうか。キャリア採用では、即戦力を求められます。当然、応募書類や面接では、その職種の経験と実績、その道で今後目指すべきことなどが焦点となるでしょう。

 つまり、このような場合、求人側と求職側にミスマッチが生じるわけです。転職にはやりたい事とできる事が違うということもよく頭に入れながら、どういった企業が理想に近いかを探るようにしましょう。頑張ってください。