職務経歴書作成時に考えてしまう、よくある疑問項目

職務経歴書は、応募企業によって変えるべきなのでしょうか。

 転職の際に履歴書と同様、必要になってくるのが職務経歴書です。職務経歴書はその名の通り、それまでの職歴をまとめた書類で、A4用紙2、3枚にまとめるのが一般的です。しかし、この職務経歴書は、応募企業によって記載を変えた方がよいのでしょうか。

 もし、応募する職種がいくつかある場合、その応募職種で求められている経験を前面に押し出してまとめる必要があります。すべての応募企業に対し、全部の職務経歴書を変える必要はないですが、応募職種によっては内容を何度も見返した方が良いかもしれません。

職務経歴書の自己PRは必要なのかどうか。

 履歴書の記入欄には自己PR欄がほとんどあります。そして、職務経歴書にも、その書き方事例には自己PR欄を用いられている例がほとんどです。しかし、職務経歴書の自己PRは本当に必要なのか、履歴書と内容が重なるため、いらないのではないかと考える方も少なくないようです。

 はたして本当にそれでいいのでしょうか。切に希望する会社や職種であれば、履歴書で書いてあることと内容を変えても書けるはずですし、意味合いが同じだとしても熱意や思いは伝わります。この自己PR欄も、どの企業へも一律にはならず、少なくとも職種によって変えるなどの配慮が必要です。頑張ってください。