中高年から転職活動を成功させるためのポイント

1.中高年からの転職は成功させられるか

 中高年からの転職活動は、珍しいことではありません。現在働いている会社の経営状況が悪化したり、また人間関係がぎくしゃくしたりといった理由で、新しい職場を求める人はなかなか多いのです。また、真新しい仕事場でキャリアアップや収入アップを目指したい、というポジティブな動機から、転職活動を考える中高年の方も大勢いるのではないでしょうか。そして、特にキャリアアップを目指す中高年の方を、正社員として採用したいと考えている企業も、実は結構多く存在します。そのため、転職活動を実りのあるものにしたければ、そのような企業を探し、上手にアピールすることが大切です。

2.転職サイトを活用しよう

 中高年などの年代を問わず、転職活動は一人でできるものではありません。人脈を作ったり、転職アドバイザーと話したりして視野を広げることにより、初めて成功のイメージが浮かんできます。おすすめは、やはり転職サイトに登録し、そこで求人を探すことだと思います。場合によってはハローワークよりも待遇の良い求人が見つかったり、転職のプロと面談し、書類の書き方や面接での受け答えの仕方を指導してもらえたりするからです。また、転職サイトによっては、非公開求人に載っている企業から、特別なオファーが届くこともあります。

3.中高年の転職でしておきたいポイント

 まずは転職サイトに登録して情報収集を行い、現在働いている会社での業務や異業種交流会などを通じて人脈を増やします。その後、転職したい企業が決まったら、中高年だからこそ持てる経験の豊かさをアピールしましょう。

★ここがポイント!
・ポイント1 転職サイトに登録をすること。
・ポイント2 異業種交流会などに参加し、人脈を強化する。
・ポイント3 今まで培ってきた経験や能力を企業にアピールをしてみること。

おわりに

 中高年の転職は、新卒の就職活動とは意味も難易度も違いますが、だからこそすべきことがあります。そのすべきことを冷静に整理することにより、難しいと言われる転職活動を成功させることができます。現在は情報化社会となっていますので、色々な情報を身につけて転職を成功させて下さい。